恋愛で理想の自分になって、幸せな毎日を過ごすための方法をご紹介します。 自分に自信がない人でも無理せず自分を変えられます。 恋愛について色々勉強していきましょう。

『パンダを探せ!』アプリをやってみた感想

2018/09/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事では、スマートフォンゲームアプリをやってみた感想などをご紹介します。

暇つぶし最適。

気付けばハマってる!

今回は、スマホアプリ『パンダを探せ!』をやってみました。

1.『パンダを探せ!』アプリとは?

『パンダを探せ!』アプリとは… いろんなシチュエーションからパンダを探す暇つぶしアプリです。

ウォーリーを探せの様なものです。

こういうのって、以外にハマりますよね(笑)

最初は適当にやってたはずなのに、気付いたら結構熱中しちゃったな~って感じです(個人的感想)

2.『パンダを探せ!』アプリをやってみた感想

『パンダを探せ!』アプリをやってみた感想は…

問題や、回答の解説がちょっと面白いときがあります。

思わず二度見しちゃう問題も…

え?どういうこと??

「パンダはどこにいる?」というシンプルなものから、「ソバカスが気になっている子はどこにいる?」みたいな、ひねった問題までいろんなパターンがあります。

次にどんな問題がでてくるのかも楽しみになってきます。

ツッコミどころ満載の解説

いやいや、そこじゃないだろ。

と、思わずツッコミたくなる解説も必見です(笑)

そうだったの!? っていう、個人的には驚きの解説もありました…

超難問も!

っそ、そんなのわかるの!?

ほのぼの暇つぶしアプリにあるまじきシチュエーションにびっくりです(笑)

そしてこれは、超難問でした…

でも、広告がうざい!

画面が変わるたびに広告が表示されます。

むしろ、アプリ起動時に表示される広告には閉じるボタンがないため、押さないといけないの!?

と、かなり戸惑いました。

結局、スマホの戻るボタンで消せました…

そのうち「広告をいかに押さないで早くプレイできるか!?」 という自分との闘いに趣旨が変わってきます(笑)

3.ゲームの進め方

『パンダを探せ!』アプリの使い方や設定方法をご説明します。

設定方法

難しい設定などは一切ありません。

サウンドのONとOFFだけです(笑)

ゲームの始め方

 ⇒ ⇒ ⇒ 

まず、「ゲームスタート」を押すとステージ選択の画面になります。

そして、鍵の開いている(色のついている)問題を選びます。

次に、問題を選ぶとスタートです。

遊び方

問題を読んだら「閉じる」を押すと画面が変わります。 今回は、ウシを探します。

最初の方は簡単なのですが、もしどうしても見つからない時は、「ヒント」を見る事ができます。

画面上の電球マークのボタンが「ヒント」なので、押してみます。 すると、範囲を狭めてくれるので、探しやすくなります。

そして、ウシが見つかったら、ココだ!と思うところにタッチします。 タッチすると赤い〇が画面に出てきます。

これくらいずれていても大丈夫でした。 はい、正解しました。

問題に正解していけば、次々にゲームが進んでいきます。

特にレベルのような概念もなさそうです。

サクサク進みます。

もし間違えたら…

こんな感じです。

特にペナルティも何もなく、再挑戦(リトライ)できます。 ちなみに、「答えをみる」を押してみたら… 「教える代わりに、紹介してね」という交換条件を突き付けられました。

このアプリは頑張れば、自力で全問正解できるので、特に答えを見なくても大丈夫だというのが個人的な感想です。

4.『パンダを探せ!』アプリの注意点など

『パンダを探せ!』アプリの注意点… やっぱり、広告です。

画面が変わるたびに、あの手この手で広告が表示されるので、毎回押してたら、たぶん萎えます…

でも、いかに広告を押さないか、というのもゲームの一部だと考えればそれなりに楽しめます(笑)

ほんとにただの暇つぶし

全問正解したところで、何のアクションもありませんでした。

ちょっとでも期待していると、切ない思いをしてしまうというのも、注意点かもしれません…

5.まとめ

スマホアプリ『パンダを探せ!』をやってみた全体の感想は… 暇つぶしには、とても役立つアプリだと思いました。

でも、意外とハマるので、ある程度まとまった時間がないと、答えが気になって、人によっては、止められないかもしれません(笑)

ちなみに…

この画像から、

  • アワビ
  • ハンバーガー

を探せますか?

気になる人はコチラから↓

『パンダを探せ!』アプリを AppStore からダウンロード

『パンダを探せ!』アプリをGooglePlay からダウンロード

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 恋愛メール相談で理想の自分になる方法 , 2017 All Rights Reserved.